女性のアソコが臭いには、体質と病気が原因であることが多い。

女性のアソコの臭いへの対策

「臭い」というものに対して、鈍感になりやすい環境というものがある。
職場が非常に少数、または一人きりであり、まして一人暮らしということになれば、普段自分の体臭を意識することが無い。
異性の目を気にすることが無いと、さらにその意識が消えていく。
これは男性はもちろん、女性にも言えることである。

 

相手が体臭を気遣っているかどうかは、口臭で分かりやすい。
いざキスする段階で異臭がした場合、相手が性器の臭いにまで気を配っている人間とはとても思えない。
体臭が厄介な点は、セルフチェックで注意しにくい点である。
自分の口臭が相手にどのように感じられるかさえ分からないのに、性器の臭いなど分かるはずもない。
キスの段階で「おや?」と思ったら、残念ながら下着を脱がしてさらに落胆する可能性が高い。

 

女性器の臭いの原因となるのは、主に2種類ある。
一つ目は、「アポクリン腺分泌物」である。
これは陰毛部の毛から汗が出る際に分泌され、ワキガと同じメカニズムで臭う。
対処法としては、入浴時などによく洗い、清潔に保っていればいい。
アポクリン腺分泌物が臭いだすには多少時間がかかるため、これで防げる。
>>さりげなく女性にシャワーを浴びせる方法はこちら

 

問題なのは2つ目の「おりもの臭」とよばれるものだ。
膣内からは生理時以外にもいつも様々な分泌物が出ており、それらの働きにより膣内部を清潔に保っている。
だが、何らかの細菌が繁殖している場合、その臭いはキツくなる。
性病に感染しているとなれば、当の女性のみならず、相手男性にとっても大問題である。
クラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナスなど、どれも厄介な症状を引き起こす。
この場合、男性は引きずってでも相手女性を専門医へ連れていくべきだ。
それは彼女自身のためでもあり、世の中の男性のためでもある。

 

女性器の臭いに違和感を感じたら、行為を途中で止めてでも、勇気を持って相手女性に聞いたほうがいいと思う。
それが単なる体質の問題で、あれやこれや聞いた結果女性に嫌われてしまったとしても、ヘンテコな性病に感染するよりははるかにマシだ。
その場の雰囲気と興奮に任せてイッパツ勝負した数日後、ペニスから膿が出てきた、なんてことになった日には、後悔必至である。