自分のアソコのニオイが気になる方は、ぜひ一度ご覧下さい。

分泌液の臭い

アソコの分泌液のニオイの種類

女性のアソコでは常にオリモノのような膣分泌液が出ており、女性器をはじめとしたさまざまな器官を保護するため常に湿潤状態が保たれています。
しかし、この湿潤状態が維持され続ける事によって雑菌が繁殖し易い環境が整ってしまい、アソコの分泌液からさまざまな「悪臭」が漂ってきてしまうケースも数多く見受けられます。

 

アソコの分泌液から発せられるニオイの種類については大きく分けて「3タイプ」に分類することが出来ます。

 

  1. 洗浄不足で膣内環境が悪化する事によって引き起こされる「膣分泌液による悪臭」
  2. 女性器周辺に存在する無数のアポクリン汗腺から分泌される脂質を含んだ分泌液によって発生する「すそわきがによる悪臭」
  3. さまざまな性感染症によって引き起こされる「性病による悪臭」

 

中でもすそわきがと性病によって発生する悪臭は強烈であり、まるで「チーズが更に腐ったような悪臭」と形容される事もあります。

 

しかし、ほとんどのケースでは膣が不衛生な状態になって引き起こされる「膣分泌液による悪臭」である場合が多く、ニオイについては「魚臭」や「イカ臭い悪臭」と例えられる事が大半です。

 

 

分泌液によるニオイの解消法

アソコから漂うニオイが強烈だと感じた場合はすそわきがや性病を疑う必要がありますが、魚のような生臭さやイカ臭いと感じる程度の悪臭であれば膣内の洗浄不足による「膣分泌液による悪臭」である可能性が高いと言えます。

 

強烈なニオイを漂わせるすそわきがや性病による悪臭の場合は専門の医療機関を受診して改善を図る必要がありますが、膣内環境の悪化や洗浄不足で引き起こされる「分泌液による悪臭」の場合は食生活を改善したり膣を清潔な状態に保つ事である程度は改善する事が出来ます。

 

分泌液によって発生するニオイは湿潤状態にある膣内で繁殖した「雑菌」が原因である場合がほとんどなので、まずは膣内を洗浄して清潔に保ち、さらに膣内の「善玉菌」のバランスを整えることで効果的にニオイを軽減させることが可能です。