男性とひとつになる1時間~2時間前あたりから水分を多めに取ると良いです。

水分を多めに取る

 

女性のあそこの匂い対策としておすすめできるのが水をたくさん飲む事です。
これは日常的に習慣づける事は体質自体を変えるとても有効な手段でもありますが、男性と裸の付き合いをする直前に取る対策としても非常に重要なのです。

 

女性は男性と体をひとつにしようとする時、あそこに挿入をされても痛くなくスムーズに行為ができるように興奮したりしげきされたりすると濡れます。
この女性のあそこから出る成分こそが一番の匂いの原因となっています。
実際に男性に抱かれる時に、濡れやすい日と濡れにくい日があります。
濡れる日と全く濡れない日ではどっちが匂いが強いかといったら、全く濡れなかった場合を除いて、濡れない日の方が匂いはきついのです。

 

あそこから分泌される水分が少ないとその分、匂い成分も凝縮されてしまいます。
他の匂いがキツいものでも、原液と水で薄まったものとでは原液の方が匂いがきついのと同じです。

 

女性のあそこを刺激されすぎると、あそこから潮を吹く場合もあります。
こういった経験がある人とない人もいると思いますし、それは男性のテクニック次第と考えている女性も多いです。
確かに男性のテクニックはとても重要なのですが、女性の潮の吹きやすさというのも重要です。
こういった女性のあそこから出る水分というのは、愛液と潮吹きの水分。おしっことは全て違う成分というところまでは解明されています。
現在有力に言われているのは、愛液と潮吹きの潮という成分は摂取した不要な水分のうち、おしっことして分解される前の水分が元になって作られていると言われています。
ですので、カメラの前で男性と抱き合う事を仕事にしているような女性は時に普通じゃ考えられないような豪快な潮を吹いたり、複数の男性から長時間に渡ってひっきりなしにだけれ続ける事などもありますが、こういった事を可能とする為に撮影の1時間~2時間前に大量のお茶を飲むようにしている女優さんがたくさんいるのです。

 

実際に濡れやすい日・濡れぬくい日も体内の水分状況にも影響を受けているといって良いのです。
もしかしたら、今日は長い夜になるかもしれないと思ったら、そういう雰囲気になる少し前から多めに水分を取るようにして、愛液が出しやすく成分も薄まりやすい環境を作っておくというのも大切なのです。

 

特に女性の場合は水分を取りすぎると、トイレが近くなってしまうので男性と一緒にいるときは水分摂取を控えやすい傾向にありますので注意が必要です。
お茶や水などの不要な成分が入っていないものを多く飲むのが好ましく、お酒の飲み過ぎは匂いもきつくなり、濡れにくくなる場合が多いので気をつけましょう。

 

>>サプリメントや食べ物による改善はこちら