女性のあそこは男性は清潔なイメージが強く、匂いが臭いのと同様に毛が濃すぎるのも悪い印象を与えます。

濃い陰毛が与える不潔感

 

男性にとって女性のあそこというのは、とても神聖な場所です。
最近ではインターネットの動画でだれでも簡単に無修正の動画を見れてしまう時代となりましたが、今社会人として大人になっている男性は青春時代はインターネットの無修正動画はまだ普及していなく、エロ本・エロビデオ・エロDVDといったものをオカズに性処理をして育っています。
こういった18禁という年齢制限はありますが、正規のアダルト商品であれば女性のあそこは必ずモザイクが入っていて隠されています。
エロ本などではヘアーが見えている写真もよくありますが、こういったエロ本で紹介されているヘアーは綺麗に処理をされています。
こういった中で育った現在の大人の男性というのは女性のあそこについては特別なイメージがあります。

 

もちろん多少グロいのは認識していますし、女性経験が無い男性を除いては、女性のあそこがどういったものなのかを理解しています。
それでも女性経験が何十人・何百人と遊んでいる人でなければ、女性のあそこというのは、修正付きのエロビデオのモザイク越しに想像を含ました理想のあそこというのが基準になってきます。
ですので、あそこの匂いがキツかったり色が黒すぎたりすると、萎えてしまう男性も多く女性のあそこが理想とかけ離れていた事にショックを受ける男性もいます。

 

男性が女性のあそこに対して抱くイメージや感想としては、実際に目の前にするからこそ分かる匂いの要素も大きいですが、それだけでなく目から入ってくる情報も大きな影響を与えます。具体的に言うと女性の陰毛についても男性は敏感なのです。

 

男性は女性の毛の計上を男性同士の下ネタトークで、「焼き海苔型」や「おわん型」「こうもり型」などと陰毛の形状を身近なものに例えて話をしたりします。もちろん陰毛を全て剃って処理している場合も絶好の話のネタの餌食になります。

 

形状については何が人気があるという訳ではないのですが、陰毛が濃すぎるというのは、男性としては非常に印象が悪く「ジャングル」などといった表現もされます。陰毛が濃すぎると、あそこ全体が不潔なイメージを持たれてしまい、実際にはあそこの匂いもキツくなく実際には微香程度の状態であっても陰毛がこすぎて不潔というイメージを持たれてしまうと、あそこの匂いが微々たるものでも匂いも臭いと勝手に思いこまれてしまう事もあります。
特に女性というのは男性と違って、髪の毛やまつ毛など以外の首から下で生えているムダ毛で男性にサラす機会がある唯一のムダ毛が陰毛となっているので、陰毛が与える印象というのは非常に大きいのです。

 

あそこの匂いは体質的な事などすぐに対処できない事も多いのですが、陰毛が濃すぎるというのは全部でなくても一部を処理するだけで、印象はガラっとよくなります。
あそこの匂いも含めて悪い印象を与えない為にも陰毛の状態や見栄えにも気を配ると良いでしょう。