年を取ると加齢臭が増えるだけでなく、体質的な匂いも男性からシビアに受け取られる

年齢と共に増す体臭リスク

 

年齢と共に体臭のリスクというのは増えてきます。
それは加齢臭が発生するという意味も非常に多いのですがそれだけではありません。

 

最近では美容に関する正しい知識や効果的な美容対策もネットなどで簡単に調べられるようになり、多くの女性が日常的に美容対策を行い、30代・40代・50代と年を重ねっていっても、その美貌を維持できる人が多くなってきました。
年をとっても、美貌を維持できていたり、見た目年齢が若ければ男性からは性の対象として見られます。
ですが、いざ裸の付き合いをすると、ごまかしにくい部分というのはとても多いのです。

 

女性目線でよく気にするのが胸のハリやたるみで、そこを重視する男性も多いですが、若くてもハリがないおっぱいの女性も多く、若い頃によほど巨乳でチヤホヤされていた人とかでない限り、20代から30代。30代から40代と時間が経過しても男性はおっぱいに対しては満足しているケースが非常に多いのです。
見た目年齢が若くて、男性も実年齢をしった上で見た目年齢が若いところに魅力を感じて抱いている時は、その営みに満足している男性も多いですが、必ず心の片隅で本当は○○歳だ。という実年齢が頭の片隅にあるのです。

 

そうした中、女性のあそこからの匂いが強いとどうなるかというと、その原因が若いころから継続している体質の問題なのか、加齢臭から来る要素が強いのか?などの理由は関係なしに、やっぱり実年齢は○○歳なんだな。と思い萎えてしまうのです。
ここまでの話をまとめると、女性のあそこの匂いというのは、同じ臭さ。というレベルであっても実年齢が若い女性から臭うのと、実年齢が高い女性から臭うのでは男性の印象は違う部分もあります。

 

冒頭で話をした通り、もちろん年齢と共に体臭が増える加齢臭のリスクもありますし、それ以外にも女性は年を取るとともに衰えが見た目に現れる要素が非常に多く、さまざまな部分の体の手入れに時間を取られるようになってしまいます。結果的にあそこの匂いなど特別な時でないと周りに伝わらないような部分の対策がおろそかになってしまう傾向が強くなってきます。

 

体臭というのは、食生活や栄養の偏りを長期的に対策を取る事で改善できる部分もあります。
仮にまだ若くて、特に体臭やあそこの匂いが気になっていないとして、若いうちから長い目で見て体臭などを抑えられるような健康的な体を維持していったり、体臭を長期的に体の内側から改善してく事を考えておく事がとても重要になってきます。